病院清掃  
株式会社アーマン          
   
会社概要   お問合せ   個人保護法
         
 
病院清掃事業
病院清掃サービス概要
病院清掃サービス内容
病院清掃 実績
アーマンはこんな会社です
病院清掃 よくある質問
病院清掃 求人情報
業務に関する研修等
メガソーラー敷地内メンテナンス
ソーラーパネルのメンテナンス
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品ご紹介
パーキングブロックのご紹介
集水桝のご紹介
太陽光発電基礎ブロック
ソーラーキーパー
スーパーコンパネくん
株式会社アーマンに関して
会社概要
お問合せ
関連リンク
TOPページ
 
アーマンでは、平成6年10月より医療関連サービスマーク認可(マル適マーク)を取得しています。安心してご相談ください。
 
 
  株式会社アーマン
〒151-0053 
東京都渋谷区代々木1-19-12
新代々木ビル2F
TEL 03-3375-2235
FAX 03-3375-4005

業務内容
病院清掃
コンクリート二次製品製造販売事業

 
 
病院清掃事業 
TOP>>業務に関する研修等>>社内研修会のご報告(平成24年度)
社内研修会のご報告(平成24年度)
 
毎年行う全クリーンクルー(病院清掃員)を対象とした研修会を今年も昨年に引き続き、東京本社(1月24日開催・2月24日開催予定)・神戸支店(2月22日・3月21日開催予定)にて、それぞれ実施されました。
ここでは、1月24日(火)東京本社で行われた研修会に関してレポートいたします。
   
平成24年1月24日の研修会のレポートです。   今回は、「月例会」「研修会」と2部構成で行われました。   東京の第一回研修会には、80名以上のクリーンクルーが参加
アーマンでは、社内研修(年1回、全社員対象)、月例会(月1回、現場管理責任者)、勉強会(週1回、現場管理責任者数名(勉強会の詳細記事はこちら))を実施しております。
目的は、業務である病院清掃(技術面・感染知識や感染対策・事故対策や事故防止)と、接遇(顧客満足)の向上を図る事を目的としています。
昨年は、顧客拡大、業界専門誌の掲載(ビルクリーニング 5月号 記事に関してはこちら)と、アーマンを取り巻く環境、業界での責任、注目度が上がってきている事を認識、それに満足するのではなく、更なる飛躍を遂げる為、社員一同が共通の目的に向かって一丸となる事を認識、研修会を通して人間力の向上を図りました。
また、昨年起こった東日本大震災を教訓とした、災害に関する対策などの説明も行われました。
今年は、「月例会(現場管理責任者対象)」「研修会(全社員対象)」の2部構成で行われました。
■月例会(現場責任者会議)
現場管理責任者には、リーダーとしての再認識、清掃技術の指導、接遇の指導、自身の人間力向上をテーマに月例会が行われました。
  アーマンでの業務基本となる清掃技術、感染知識(対策)接遇の再認識
    アーマン代表 武藤より、昨年のアーマンでの業務内容及び成果の発表、また、顧客信頼度や期待度、業界専門誌「ビルクリーニング」掲載に関しての業界での立ち位置、期待、責任、使命(業界での役割)などの説明が行われ、ここで満足するのではなく、向上を図る為に、今年の研修のテーマが発表され、クリーンクルー一人ひとりが、今年の目標に向かって団結出来るよう現場管理責任者の認識を再確認。
  勉強会の実施
    現場管理責任者の中から数人をピックアップ、アーマン代表者 武藤を中心とした勉強会を実施。(東京・関西にて実施)目的は、現場管理責任者の意識向上、人間力の向上(人として、接遇の面での能力向上)を図る。 勉強会は、毎週1回1時間を10回で1サイクルとして実施。
  内部監査の強化
    内部監査による、各現場の点検。
毎月「レーダーチャート」にて採点を現場に配布、月例会の中で、「レーダーチャート」を基に、減点の反省と取組などを報告。
「レーダーチャート」のチャートが理想的なチャートグラフが描けるように各現場一心同体になって取組ませる。
  内部監査員による感想
    内部監査員が各現場を視察してみて、それぞれの現場の感想や問題点などを指摘、それに対し各現場管理責任者が現在の状況と改善点などの報告を行う。
   
第一部は、現場管理責任者を中心とした月例会からスタート   年頭の挨拶と共に昨年のアーマンの報告をすると共に今年のテーマを発表   業務部長の進行により、月例会がスタートしました。
 
   
内部監査員が各病院視察の結果を報告、大変に厳しい言葉が出てくる事もありました。   内部監査員の採点を基に、各病院を担当する現場管理責任者が、問題点の改善等を報告。   各現場管理責任者から、改善に向けての意見交換など積極的に行われました。
■研修会
研修会では、接遇を中心に、再度基本に戻り、人間力の向上、清掃技術向上を中心に行われました。
   
第二部は、クリーンクルー(全社員)を対象とした研修会。   研修会資料を基に、研修会は進行しました。   まずは、基本「接遇」の再度確認から始まりました。
  接遇研修
    人としての心得などを参考書を基に基本事項の確認を行いました。
  クリーンクルー基本業務の見直し
    病院側からの要望や意見書、昨年起きたミスなどの報告書から、再度現場サイトを見直し、どうしたらミスを防げるのか、病院側からの要望や意見に応える為にはどうのようにしたら良いのかを現場管理責任者が中心となって、事例などを発表、改善点などが話し合われました。
  他業務から学ぶ事
    ディズニーランドの清掃業務を課題にして、単に綺麗にする事ではなく、「気持ちよく来て貰う、気持ちよく帰って頂く、そして感動して頂き、また来ていただく」清掃業務もディズニーランドのアトラクションのひとつであり、そうした意識こそが、顧客満足、自分自身の向上に繋がる。
   
代表者 武藤から、昨年の成果に対してクリーンクルーに労いの挨拶からスタート   小田業務部長による自分達の置かれている責任に対しての具体的な話が行われ   研修参加メンバー、一人ひとりが高い意識で研修会を臨んでいます。
   
現場管理責任者による、病院側の要望や、ミスなどで起こりえる事故などを解説   実際の経験談を交えて各経験者が、壇上で発表。   代表者を交えて、改善点や、問題点などを解説
   
こうして考えてみると、実は問題点やミスは、防げる事が分かる。   意見やアイディアは、参会者の中からも積極的に出ます。   何時自分に降りかかるか分からない事ばかりなので、参会者ひとりひとりが真剣。
■全社員共通
  再度業務、接遇を見直し、プロフェショナルとしてのひとつ上の業務を遂行。
  3.11東日本大震災を教訓とし、現場に災害対策として、物資を備蓄、今後災害に備えた体制を作り上げる。
  人間力の向上として、幾つかの企業の取組を紹介、今後最高のサービスに向けて全員一致で取組むことを確認。
  アーマンで出来る新しい業務(病院様に期待される業務)を積極的に取り入れ、病院様と更なる信頼関係を築き上げていく。
   
昨年掲載された「ビルクリーニング」を初め研修に参考になる本が並びます。   研修に参考になる本から、一部を抜き出し代表者から紹介されます。   自分達と違う業界の方の本でも、参考や手本にある部分は沢山有ります。
   
全ての研修参会者が、研修を真剣に受講されます。   どんなに小さいことでも、コツコツ取組んでいけば、それは大変素晴らしい結果を生むはずです。   アーマンに関わる社員一同、今年も全員一致で、同じ目標に向って邁進します。
東京は無論の事ですが、関西でのアーマンの業務の信頼度もここ数年で大変に上がってきています。
これからも清掃業務は勿論の事ですが、良い病院運営の良きパートナーとして、アーマンは皆様のご期待に応えて行きたいと思います。
 
TOP>>業務に関する研修等>>社内研修会のご報告(平成24年度)
病院清掃事業