病院清掃  
株式会社アーマン          
   
会社概要   お問合せ   個人保護法
         
 
病院清掃事業
病院清掃サービス概要
病院清掃サービス内容
病院清掃 実績
アーマンはこんな会社です
病院清掃 よくある質問
病院清掃 求人情報
業務に関する研修等
メガソーラー敷地内メンテナンス
ソーラーパネルのメンテナンス
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品販売事業
コンクリート二次製品ご紹介
パーキングブロックのご紹介
集水桝のご紹介
太陽光発電基礎ブロック
ソーラーキーパー
スーパーコンパネくん
株式会社アーマンに関して
会社概要
お問合せ
関連リンク
TOPページ
 
アーマンでは、平成6年10月より医療関連サービスマーク認可(マル適マーク)を取得しています。安心してご相談ください。
 
 
  株式会社アーマン
〒151-0053 
東京都渋谷区代々木1-19-12
新代々木ビル2F
TEL 03-3375-2235
FAX 03-3375-4005

業務内容
病院清掃
コンクリート二次製品製造販売事業

 
 
病院清掃事業 
TOP>>業務に関する研修等>>社内研修会のご報告(平成25年度)
社内研修会のご報告(平成25年度)
 
毎年行う全クリーンクルー(病院清掃員)を対象とした研修会を今年も昨年に引き続き、東京本社(1月23日開催・2月22日開催予定)・神戸支店(2月20日・3月21日開催予定)にて、それぞれ実施されました。
ここでは、1月23日(水)東京本社で行われた研修会に関してレポートいたします。
今年も恒例のように、月例会(現場管理責任者を対象にした研修会 毎月1回実施)(13:00〜15:00実施)社内研修(年1回、全社員対象)(15:00〜17:00実施)が行われました。
   
平成25年1月23日の研修会のレポートです。   「月例会」「研修会」と2部構成で行われました。   この資料を元に研修は実施されます。
■月例会(現場責任者会議)
新年度の挨拶と共に、昨年に至る実績の発表、今年の目標などを現場管理責任者に認識させ、昨年から係る新規参入病院を含め、クリーンクルーの育成、新たな現場責任者の育成をメインに研修は進められました。
また、今回は、ある病院さんで起こったアーマンでは大変に嬉しい事を小田業務部長から発表がありました。
その内容は、とある病院様の事務員の方が、退職され、アーマンに1通のお手紙を頂きました。
そのお手紙の内容は、「アーマンの病院での清掃活動や、アーマン側から見た病院業務などのアドバイス等で、在職中、大変に助けられました。また、何よりも現場管理責任者初めとするクリーンクルーの皆さんの真面目な作業態度に感謝いたします。大変ありがとうございました」 アーマンのセールスポイントのひとつであり、特に力を入れている「接遇」が最も評価された瞬間でした。
その病院様を担当している現場管理責任者は、「このようなお手紙を頂く事に、『嬉しい』さもありますが、ごく当たり前に接していた事で『驚き』もありました」とコメントを残されました。
これは、アーマンが評価されたことへの誇りと励みになりました。
「人」のため「仲間」のため「会社」のため、これからも一丸となり、より高い志を持って業務に励みたいと思います。
また、後半は、各病院さんから業務報告などが行われ、各病院毎に、内部監査員からの評価表が配布されました。(詳しくは昨年 社内研修会のご報告(平成24年度)を閲覧ください
今後、広がりをみせる業務活動を見据え、「業務の質の向上」「人材の育成」を怠らず、気を引き締めて業務を遂行したいと思います。
   
代表者の挨拶から研修が始まりました。。   事務長さんからの感謝のお手紙を小田業務部長から読み上げられました   まずは、現場責任者の「月例会」からスタートします。
■研修会(全社員対象)
月例会が終わり、10分間の休憩を含み、全社員対象の研修会がスタート。
まずは、代表者から、昨年の成果に対してクリーンクルーに労いの挨拶から始まりました。
また、この研修会からニューフェイスの皆さんもいる為に、まずは、研修の内容や、研修の目的、業務に携わる重要性に関してのお話がありました。
現場のクリーンクルーを初めとする本社の事務社員や各責任者の皆さん一同にする事などこの機会なくして行われないので、ひとりひとり紹介がありました。
   
今年の研修会が始まりました。   代表者から、昨年の成果へのお礼と、今年の目標へのお願いがありました。   昨年の成果、今年の目標などの詳しい説明がありました。
   
本社社員から挨拶がありました。   普段なかなか現場の方々と接する機会が少ないので、良い機会です。   今年は神戸支店から東京の研修の視察が行われました。
続いて、本社責任者から今後の会社の方針、研修目的などの再確認(ISOを含む)を中心に研修が進んで行きます。
またアーマンが取得したISO9001:2008の内容に関しても、

・お客様と約束したサービスを提供している
・仮に間違えなどがあった場合でも、素早く対応できる
・お客様の満足向上に努め、維持する

これらの意味をひとつひとつヒモ解いて行くように研修が進んでいきます。
また、アーマンも年々業務が拡大し、拡大すれば、人も多くなることから、上記の約束事などが薄れないよう、今後も本社、現場など、ネットワークを強化して、コミニュケーションを図り、「安全な業務遂行」「向上した接遇」をより強調して、業務に取組んで行く事から、まずは、月例会の存在、勉強会の実施(勉強会のレポートはこちらから)、ひとりひとりのクリークルーの声も届きやすいように、何かあれば、クリーンクルーから現場責任者、現場責任者から本社担当者に、意見やアイデアなどが通るような体制を作っていく事の確認と、協力の告知がありました。

また、「良い会社とはどのような会社」か、「社員全員が幸せに過ごすにはどのような努力をすべきなのか」をテーマに幾つかの著名人の書かれた書籍を参考に、アーマン代表者、管理職、現場責任者から、常に前向きに、コミニュケーションをとりながら、邁進出来たらとお話がありました。

自分本意になるのではなく、仲間に迷惑を掛けず、同じベクトルを目指し、「人も幸せにさせ、自分も幸せになる」原理原則がなければ、経営も含め、人の幸せはありえない。 そう思える前半の研修内容でした。
   
まずは、原点に戻り、研修を行うこととはから始まりました。   クリーンクルーひとりひとり、熱心に、研修会に望みます。   皆さんにとって、お客様にとって、良い会社を作り上げて行きましょう。
   
社員始め、良い会社にする事とは、どんな事か、代表者自らが、問いかけます。   ひとり1人の意見を大切にする為に、コミニュケーションシステムがあります。   東京の第一回研修会には、80名以上のクリーンクルーが参加
   
著名人の書かれた、書籍を元に、人間力の向上、また他業種の事例も参考にし、研修のカリキュラムが組まれました。
続いて、業務に関する研修内容に移り、

・病院清掃の基本技能
・感染対策
・接遇

まず、病院清掃の基本技能、事故の対策・対応などが話し合われました。
  1. 事故などはちょっとした気の緩みからくることや、自分自身の勝手な判断などが大きな事故に拡大するなど、まず、自身の気の緩みを避ける、事故などがあった場合、現場責任者に報告し、指示を受ける(待つ)、重大な場合は、責任者から本社に報告し、指示を受ける(待つ)。
    また、清掃中は、患者様への配慮も忘れない。
  2. 感染対策、特に昨年から猛威を振るっている「ノロウィルス」現在まさに旬な「インフルエンザ」を中心
    に、感染対策に関しての基本説明がありました。
    ・ 特に、手洗いの励行や毎日の自身の健康に関するチェック表の管理の徹底を行う。
    ・ 調子の悪い時は、無理をして業務に携わらない。また、市販の薬で全てを済ませるので
        はなく、必ず医師の診断を受けること。
    ・ 清掃中も、感染対策は、まず自身を守ることから始めること。
  3. 接遇に関しては、自身を含めて、まずは身内(クリークルー同士)への挨拶や接する態度などを極め、相手を思いやる気持ちを忘れず仕事に従事するよう基本的な事が話し合われました。
   
現場管理者を代表して、経験と実績から業務などの講習を行いました。   業務の事では、受けている方も熱が入る瞬間でもあります。   ここ数年で、研修会も、意見が多く出るようになり、良い方向に進んでいます。
最後に、清掃業務中に起こり得る危険回避を題材に、アーマン顧問弁護士の野口先生にお越し願い、幾つか、病院清掃に起こり得る事故や、危機などを事例に基づき講義が進められました。
特に病院清掃では、病院と言う特殊な現場での作業であり、「医療設備、医療関係者」「患者様やそれに付随する来客」を含め、気をつけておきたい事などを事例を基に、ひとつひとつ検証を含めて講義が進んで参りました。
また、今回はアーマンだけはなく、色々な事故などを取扱経験されている野口先生のお話は、大変に現実味があり、私達クリーンクルーにはとても参考になるお話でした。
野口先生のお話が終わり、小田業務部長が補足で、昨年、アーマンへの病院関係者様からのクレームを幾つか読み上げました。
例えば、
   ・勤務中にクリーンクルーと患者様との立ち話があった。
   ・ クリーンクルー同士で、勤務中雑談をしていた。
皆さんも分るように、内容は大した内容ではありません。ひとりひとり、周りを気遣う気持ちがあれば防げる内容ばかりです。
大きいなクレームではありませんが、それらを放置するのではなく、自分達では、迷惑でなくても周りから見れば、迷惑な行為になる事もあります。
それは、常に相手の気持ちや、立場などを考えて、思いやりのある行動を心掛ければ必ず防げることを周知徹底しました。
   
顧問弁護士の野口忠先生を今年は迎えて、講義を行って頂きました。   野口先生の経験談や、事例などを基に、話が進みます。   野口先生の講義は、大変にリアル感があり、今後に大いに役立ちます。
   
また、野口先生自らが、清掃に関する書籍のご照会を頂きました。   書籍を通して、「清掃業」の素晴らしさを語って頂きました。   野口先生、今回の講義大変にありがとうございました。
最後になりますが、病院様、それに関わる関係者の皆様、患者様、患者様に関わる関係者の皆様、そしてアーマンの従業員同士、アーマンと触れて良かったと思われる業務を目指して、今年一年励みたいと思います。
 
TOP>>業務に関する研修等>>社内研修会のご報告(平成25年度)
病院清掃事業